20号


スプロケ&ブレーキパット、チェーンなど消耗品は交換が必要、、曲がっているというフレームも、このまま乗って判る物かどうか(足周りの問題解決が先)わからない。 転倒痕跡も複数見られる。 1期生産の貫通シャフトが入っていたので調べたットころ、前の前のオーナーもお客さまでした。 今後このような車体を見ることが増えてくるんだろうと実感しました。 たしかにここから気にいった状態まで持っていくには時間とお金がかかることはすぐに判った。 新たな情報が幾つか発見できたので今回も紹介していきたい。
足周りはVJ22Aがセットされている。 漏油あり。ホイルもダメージが伺える ヨシムラレース管にBEETのサイレンサーを付けているがスイングアームに当たっている


EARL'Sステッカーが付いたオイルクーラはアクティブのカタログに載っているものだろう。転倒で潰れるかと思うが意外と潰れた車体は見ていない。 この場合もステアリングダンパートと純正ハンドルで守られるだろう。


フロントホイルはタイヤ交換時にタイヤチェンジャーの使い方を知らずにミスしたんじゃないかな?的な削れがある。 トランポに名古屋まで持ち帰る間、小さな池ができてしまったフロントフォークのオイル漏れ。 ホイル、タイヤ、ブレーキディスクまでかかっているため走行は危険。
エキセントリックのカラーが気になる。 3メーカーくらいから社外品が出ていたのだ。 その中にγホイルの取り付けKITのようなものもあったのでOHした時に削っていないか確認したい
VJ22Aサスとホイル ミクニ製品では?と考えている
アルミのトルクロッド・・・GSX-Rに似ている調べる必要あり。
白いスプリング? 錆びて塗ったのか? 本体は純正のようだが?
GSX-R用では? ホワイトパワーのスプリング?
VM製サイドカバー アルミで丁度良い。
 計量して重さも確認しておきたい。
ヨシムラTMとK&Nフィルター

いろんな意味で興味を引くパーツがついていた。

inserted by FC2 system