流用・取り付け 


キャリパー取替例
13号(青島号)はTOKIKO製6ポットと
plus μ製鋳鉄ディスク

ボルトオン(カラーなど不要)
お客さま情報
フロントもNISSINの6Pを組んでいますが念のため確認したところHPにあったNISSINの4Pキャリパーのようにセンターが出ていませんでした。現在は3mmのスペーサーを入れて調整しています。
17号NISSIN製4ポット
ブレンボ製レーシング4ポット
(メーカー不明キャリパーサポート:
60mmピッチ/90mmピッチ変換)
20号はフロントVJ22A移植によりTOKIKO製4ポット×2

ディスク径がGooseより小さいです

キャリパー交換時のミス 
バイカーズステーションの車両もニッシンの4Potに変えていたがひとつ問題が発覚した。 お客さまのホイル交換(±2.5mmほど触れていた。±0.5mm以下のものに)後、手で車体を押すと非常に重い。 キャリパーを外し、ダイヤルゲージでホイルの触れを確認した時にこんなストレスはなかったため、明らかにブレーキ側に問題があると考え調査した
状況
・「スーっスーっ」っといった断続的なストレスでなく継続的にストレスを感じる。
判定
・どこか擦っている→キャリパーのセンターが出ていない!
応急復旧
キャリパーとフォーク固定端の間にワッシャーを入れ、センターに近づける→
他のお客さまからブレーキのセンター出しについて(お客さまからの問い合わせ@)
Q1質問なのですがHPのブレーキ欄に乗っていたリヤキャリパーとディスクのセンターが出ていないについてですが私のグースも写真と同様にキャリパーが内側によっている感じになってます。仕事で手が離せなくなったので先日近所のバイクショップに車検、タイヤ交換、ホイルベアリング交換、さびていたスイングアームを塗装したものに交換をお願いしてからブレーキが引きずってる感じがして先日時間ができましたので詳しく見てみたらリヤブレーキパッドの右(外側)が引きずっていると判断しました。パッドを取り外しピストンの動き等確認しましたが左右とも均等に動くため頭を抱えてもう一度確認するとセンターがずれているためにブレーキをかけた際に外側のパッドが先にディスクに当たり片効きのような状態になっていました。 今はパッドを組んだ後外側のパッドとディスク間に一度シムをいれ内側のピストンを出してディスクに軽く接触してからシムを抜きパッドをディスクに均等にあたるように調整しましたが、これでいいものか悩んでます。 構造から考えるとスイングアームを外側からアクスルシャフトで指定トルクで締めればセンターが出ると考えてます。ホイルベアリングも打ち込みすぎるってことは構造上考えにくいです。キャリパーとスペーサー間にまたスペーサーを追加するとか考えていますがブレーキと足回りだけにちょっと躊躇してしまってます。 また、フロントもNISSINの6Pを組んでいますが念のため確認したところHPにあったNISSINの4Pキャリパーのようにセンターが出ていませんでした。現在は3mmのスペーサーを入れて調整しています。 ディスクとキャリパーがあたっていないのでよく確認しないで組んでしまった私が悪いのですがNISSINキャリパーの特性?かなと考えてます。
A1NISSINの6P・・・ナツメレーシングGoose250は当初Goose350純正のフォーク、私のところに来てから即、Goose250改正立フォークに交換してますがワッシャーなどはさまずセンターが出てました。 加工していないキャリパーだと思えるのですがワークスパーツを作るショップのためなんともいえないかな? リアはかも号以外純正キャリパーを使用していますので比較の写真はPITでれるかな。  PITで本日写真を撮ったんだけどカメラを忘れた。 青島号(350改:13号)と田中号(250改)を確認しましたが問題なくセンターが出ていましたよ。 現在UPしているホームページの写真でもわかるように13号にはトキコ6ポットが付いていますがまったく支障は無いです。 ニッシンキャリパーの特性ではないです。
Q2そうするとフロントのNISSIN 6Pキャリパーのセンターが出ないのはホイール、ディスク?かフロントフォーク?の可能性がありますね。フロントディスクはフローティングが社外品のディスクみたいにがたが結構大きくなってきたのでもう一度確認してみる価値はありそうです。 リヤは一度ばらして規定トルク内で弱めに組んでみたら若干マシにはなったのですがいまだに???です。 アームのゆがみでも両脇からアクスルで閉められるのであとずれる原因としたらやっぱり交換したホイルベアリングかディスクの向きが逆?くらいしか思いつきません。 リヤのブレーキディスクは使用限度が刻印されている面が外側に来ますよね?逆に付けたら丁度いい感じになりそうなんですが・・・悩んでもしょうがないのでF/Rもう一度ばらしてみます。
A2青島さんから譲り受けたとき純正350の倒立にトキコの6ポットが付いていましたがワッシャーなどの調製品はありませんでした。 また、私がハンドル位置を下げる目的と動きの良いフォークにしたいという目的で250cc純正正立にイニニャルアジャスターを取り付けたものに交換しその時も調整なしでセンターが出たため何もつけていません。 ホイールも純正を使用していますのです。 異なるのは350と250でアクスルシャフトとカラーが異なることぐらいです。 このカラーでディスコのセンター及びホイールのセンターが出ています。 根本的なことが聞けていませんね。 たとえば250ccの正立から350cc用倒立に交換し、カラーが違うものがはまっているってことないですよね? 見えないだけに状況がこちらもつかめていないのでアドバイスが中途半端になってしまいそう。写真なんか取れます? ホイルセンターを見てそれからディスクのセンターを出します。 ホイルのセンタをまず見てみましょう  NISSIN製が手元に無いのでわかりませんがたぶんホームページの4ポットと同じでワッシャーやカラーなどはめねばなりませんね。
A3そういえばベース車体を言ってなかったですね。  私は350を中古で購入しています、購入当初はトキコ6Pでしたが前オーナーのメンテが行き届いていなかったようでピストンがさびて固着し部品をそろえるよりNISSIN6Pのほうが金額的に安かったので交換しました。基本的にホイール、カラーなどは350用です。今度の休みにでもばらせる暇があったらばらして写真とって見ます。

市販のクロムワッシャーを2枚挟んだところほぼセンターが出た。改めてそのワッシャーを計測してみると3.13mm程度
写真のアングルが若干変わってしまったがキャリパーとディスクの隙間の陰でだいたい補正されたことが判ると思う。

お客さまからの問い合わせA
私はノーマルの250に乗っているのですが、リアブレーキの鳴きが止まらず、チェックした所キャリパのセンターが車体後部から見て左に2〜3mm程度ずれ、しかもディスクとキャリパが平行ではありませんでした。以前ホイールベアリングを交換したことが原因かと疑い再度交換し、ディスクも交換しましたが、ディスク・キャリパの平行は出たもののセンターはずれたままです。鳴きは止まったのですが、ずれの原因はよく分かりません。支障が無ければワッシャを挟んでセンターを出そうと思うのですが、原因を知りたいのです。宜しければアドバイスをいただけますか?
・以前左カーブで、スリップダウンによりアクスルがけずれる転倒をして、その時ステップのブラケットのスイングアームピボットボルト取り付け部にヒビが入りました。
原因はこれでしょうか?鳴きは転倒以前からあったのですが…250と350のホイールのスペーサが違うならそれも怪しいのですが共通のようですし、よく分かりません。

お客さまからの問い合わせB
お客さま質問なのですがHPのブレーキ欄に乗っていたリヤキャリパーとディスクのセンターが出ていないについてですが私のグースも写真と同様にキャリパーが内側によっている感じになってます。
仕事で手が離せなくなったので先日近所のバイクショップに車検、タイヤ交換、ホイルベアリング交換、さびていたスイングアームを塗装したものに交換をお願いしてからブレーキが引きずってる感じがして先日
時間ができましたので詳しく見てみたらリヤブレーキパッドの右(外側)が引きずっていると判断しました。
パッドを取り外しピストンの動き等確認しましたが左右とも均等に動くため頭を抱えてもう一度確認するとセンターがずれているためにブレーキをかけた際に外側のパッドが先にディスクに当たり片効きのよう
な状態になっていました。 今はパッドを組んだ後外側のパッドとディスク間に一度シムをいれ内側のピストンを出してディスクに軽く接触してからシムを抜きパッドをディスクに均等にあたるように調整しましたが、これでいいものか悩んでます。
構造から考えるとスイングアームを外側からアクスルシャフトで指定トルクで締めればセンターが出ると考えてます。ホイルベアリングも打ち込みすぎるってことは構造上考えにくいです。
キャリパーとスペーサー間にまたスペーサーを追加するとか考えていますがブレーキと足回りだけにちょっと躇してしまってます。
 
また、フロントもNISSINの6Pを組んでいますが念のため確認したところHPにあったNISSINの4Pキャリパーのようにセンターが出ていませんでした。現在は3mmのスペーサーを入れて調整しています。
ディスクとキャリパーがあたっていないのでよく確認しないで組んでしまった私が悪いのですがNISSINキャリパーの特性?かなと考えてます。
kamoまず、リアですが250cc用、350cc用の代表としてバイカーズステーション誌に
掲載されていた青島号(13号)と田中号(17号)で確認。

干渉もなくキャリパーの合わせ目の線を基準にディスクをみると丁度真上にいますね。

センターは出ていました。 
350cc純正スイングアーム+純正カラーカラー使用 250cc純正スイングアーム+純正カラーカラー使用
青島さんから譲り受けたとき純正350の倒立にTOKIKOの6ポット
が付いていましたがワッシャーなどの調製品はありませんでした。
また、私がハンドル位置を下げる目的と動きの良いフォークにしたい
という目的で250cc純正正立にイニニャルアジャスターを取り付けた
ものに交換しその時も調整なしでセンターが出たため何もつけていません。
ホイールも純正を使用していますのです。
異なるのは350と250でアクスルシャフトとカラーが異なることぐらいです。
このカラーでディスコのセンター及びホイールのセンターが出ています。

NISSIN製は倉庫にあるかな? ないかも?

お客さまからの問い合わせC
お客さまグアームピボットボルト取り付け部にヒビが入りました。 原因はこれでしょうか?鳴きは転倒以前からあったのですが…250と350のホイールのスペーサが違うならそれも怪しいのですが共通のようですし、よく分かりません。
kamoまず、Rホイール・タイヤに書いてあるように250,350ccのリアホイルのスペーサは品番も同じものです。 転倒での障害は見てみなければ判りません。 お客さまの計測方法は想像するにパットを外した状態でキャリパ本体の両端の長さに対し、ディスクが位置するところがホイル側に3mm程度入っていると聞こえますがそれで正しいですか? 本来ならセンターに来るところです。
お客さまHP拝見しました。説明下手で申し訳無いです ディスクが右に寄っている、と説明したほうが良かったですね。それと2〜3mmは計測値ではないので正確には分かりません、改めて見ると1.5〜2mmくらいかな、とも思えます。いずれにしろ何だかよく分かりません…キャリパは右ベアリング・スペーサとスイングアームに挟まれてセンターが出ると思うのですが…何か基本的な見落としがあるのでしょうか。携帯のカメラで撮った写真を添付しましたのでご参考にどうぞ。よろしくお願いします。
kamo写真からは想定は難しいのです。 他のGooseと比較しましょう。(上のとおり)
お客さまブレーキの件はマスターの動きがおかしかったようで交換するとほぼ改善されました。 

inserted by FC2 system