ガソリンタンク


パーツカタログ 350:FIG.31,250:FIG.31,スペシャルエディション:FIG.2

No. 部品番号 部品番号変更 250用 350用 部品名 在庫場所 備考
1-1 44100-47D00-1LP - - タンクアッシ,フューエル(ブルー) メーカー -
1-2 44100-47D00-0MH - - タンクアッシ,フューエル(レッド) ディーラー -
1-3 44100-47D00-20H - - タンクアッシ,フューエル(シルバー) ディーラー -
1-2S 44100-47D10-Y9F - - タンクアッシ,フューエル(イエロー) - -
1-1S 44100-47D10-Y7L - - タンクアッシ,フューエル(ブラック) - -
1.1 44100-47D00- - - タンクアッシ,フューエル(ブラック) - -
2-1 68111-47D01 - エンブレム,フューエルタンク,ライト - FOR 1LP
2-2 68111-47D02 - - エンブレム,フューエルタンク,ライト - FOR 0NH,20H
2-1S 68111-47D10-N5P - - エンブレム,フューエルタンク - シール(For Y7L)
2-2S 68111-47D10-N5R - - エンブレム,フューエルタンク - シール(For Y9F)
3-1 68121-47D01 - エンブレム,フューエルタンク,レフト - FOR 1LP
3-2 68121-47D02 - - エンブレム,フューエルタンク,レフト - FOR 0NH,20H
4 44201-01832 - - キャップセット,フューエルタンク - -
5 09106-05017 - ボルト,L:20 - -
6 44511-32C01 - クッション,フューエルタンク,フロント - -
7 44545-47D00 - クッション,フューエルタンク,サイド - -
8 02142-06203 - スクリュ - なべ+,M6×
9 09169-06045 - ワッシャ - M6フランジ(錆る)
10 09320-14017 - クッション - -
11 09320-10038 - クッション - -
12 09180-06180 - スペーサー,L:18.2 - -
13 01550-06303 - ボルト - -
14 09352-70103-00B - ホース,7×10.2×2000 - -

15L入るガソリンタンクだが、スポイルスポイルしていてかっこ悪い。 そう考える人もいるだろう。 改造するには内部構造を知っておいた方が何かと便利だろう。 ということで使えないタンクを切ってみた。 コックの窓から見ると錆はほとんど見られなかったタンクも実際はこんな感じに錆びている。 中にある配管はコック部のオーバーフロー用配管である。 意外と空いたスペースは無いようだ。  公道を走るなら10Lはやはり欲しい。 そう考えるとキャブ周りのカットなど5L以上減るだろうし理想ではない。スプリントレース用ででタンクを小型化し、燃料の揺れによるガス欠の解消などと考えればメリットもあるがタンク事態が重くなってしまう場合もあるため微妙。
KREEM FUEL LINER ガソリンタンクを錆から守る。 錆びの進行を止める洗浄剤と保護剤のセットです。 良かったらお試しください。

花咲かGを使用しました
15リットルのお湯(80度)と花咲かG1リットル1本を今回使用する。 花咲かGは中性でゴム、パッキンなどに優しいとある。 サンポールなどを使うより比較的安全そうだがかかるとやはり手が荒れるようだ(若干手の甲に湿疹が出た) 警告にあるように手袋ははめた方が良い。(お客さまのを滑って落としてはと思ったのとタンク内に注いだときに注意したがその後持ち上げかくはんしたため注意がそれたのだと思われる。 付いたら即手を洗った方が良さそうだ。(リアブレーキのブレーキ交換も同時に行っているのでDOT4が知らずに付いたのかも)
中性洗剤でタンク内を濯いだ後、花咲かGとお湯をタンク内の注ぎ
棒でまず、掻き混ぜる。 さらに栓をし、タンクごと良く振る。 その後、.24時間以上〜1週間以内放置(抜けていたら水足し満タンを保つ)
(H20.4.20 PM14:00〜)
一週間でいろんな物が浮いてきた
説明に従い洗浄したところ確かに中は綺麗になっている。 しかし、クリームのようにコーティングがされていないので以前これを使った方からまた錆びるとは聞かされている・・・

中古車整備士から教えてもらった洗浄剤
Gooseオーナーでバイク屋さんで働いているオーナーさんから教えていた情報では「サンポールが一番良く効く」とのこと、一番良く効くというのは言い過ぎでも、格安で錆が落とせれば良いと考えられる。 コックを開けた時点で錆が見られるタンクのコーキング依頼があり、クリーム処理のため水を沸かしている間に行った。
まず、コンプレッサーでタンク内の浮いた錆を吐き出し、M8ボルトとナットを組み合わせたものを中に入れ、サンポール3:水7程度の割合で栓(屋根防水テープ:幅広で厚みもあり漏れにくい)をし、よく振る。
10分程度婦って、バケツに出してみると泡だらけ。
泡を取り除くと左図のように鉄粉がいっぱい出ていました。
その後、ガソリンタンクは大量の水で泡が出なくなるまで洗浄し、コンプレッサーで水分を出しました
花咲かGとコックから見ただけの状態では同じくらい落ちていました(花咲かGは効果が薄いのかというと不明:タンクの中を細かく比較してみていないので)
その後、このタンクはクリーム処理しました。 A液使用時、錆びの出方は少なく細かなものだけでした。 サンポールの効果は確かにありますね。 しかし、まだこれだけ落ちるのでクリームの洗浄液のほうがさらに高いようです。 12.時間程度A液処理だけでもかかり、仕上がりまでに3日程度かかるのがクリームの大変なところなんですけどね。

錆を含んだガソリン
これは上のガソリンタンクに以前入っていたガソリンを戻し、セッティングを出している時、古いかなと感じて抜いた。 抜いたガソリンを濾した時に出た錆び。

回転が安定せず、セッティングが出せない。 回転が上がる傾向があるように思われた。 最近ガソリンは高いが諦めて捨てたり、洗浄剤として使うくらいにした方がよい。

クッション材の固定について
中古車でみるとボロボロに割れていたり、ボンドで付けられたクッションが良く見られる。
ガソリンタンクを外したとき外れてしまうことが何度かあったのだと思われる。
私はワイヤリングで止めています。 塗装時外すのも簡単だし落ちないからです。

お客さまからの問い合わせ
Q1タンクですが、タンクキャップの横の穴から水を抜く穴が> 空いていますがそこからガソリンがもれるんです。
>そんなことあります?
A1タンクキャップのパッキンがやられていればなるし、ガソリン給油時、給油口から溢せばガソリンは水抜き部分からタンク下に排出しますね。
 タンクキャップは多数の部品で構成されています。 スプリングなど錆びや経たりはないですか?
また給油口が汚れていたり、塗装等で凹凸があるとタンクキャップのガスケットとの間に隙間が出来ます。
関連リンク フュエルコックフィルタ
inserted by FC2 system